犬の餌人気おすすめランキングBEST3!!

 

 

アメリカ産のドッグフードが全体では多い

 

ペットは世界中で人々に愛されているため、いろいろな国で犬の餌が作られています。

 

もちろん日本国内でも製造されていますが、店頭で販売されているドッグフードの多くは外国産です。

 

どの犬の餌のパッケージにも原産国が記載されていますのでチェックしてみると面白いでしょう。

 

外国産の中でも一番多いのはアメリカで製造された商品です。

 

ペットの保有数も圧倒的に多いですし、ドッグフードメーカーの数も多く、グローバル企業として世界中に販売網を持っているケースもかなりあります。

 

日本国内で盛んにテレビCMをしているような有名なブランドも、アメリカのメーカーということもたくさんあります。

 

アメリカ産のドッグフードは種類も豊富ですので、コストパフォーマンスに優れたものから、品質にこだわったプレミアムペットフードもあります。

 

選択肢が多く愛犬の好みと予算に合わせて選びやすいのがメリットです。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

ペット先進国が多いヨーロッパ産の犬の餌

 

プレミアムペットフードの中でも多いのがヨーロッパ各国が原産のものです。

 

ヨーロッパはペット先進国とも呼ばれていて、犬の餌の品質の面でもかなり高い水準を保っています。

 

特にドイツなどは人間用の食品と同じように厳しい法律が存在していて、人間が食べられるような質のドッグフードが多いという状況が見られます。

 

もちろん、ヨーロッパ産だから無条件に安心できる犬の餌を販売しているというわけではありませんが、信頼できるドッグフードの中にはヨーロッパ産のものが多いということを覚えておくと良いでしょう。

 

日本国内で人気のあるプレミアムペットフードの中にも、ヨーロッパで製造されているものが多いので、犬の餌を選ぶ際の参考にすることができます。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

国産にこだわりを持つメーカーもある

 

このように、アメリカやヨーロッパが原産のドッグフードの中には、品質の良い商品を販売しているケースが多いので、安心材料となります。

 

しかし、中には国産にこだわってペットフードを製造しているところもあります。

 

国内メーカーの中には、より消費者に安心感を与えようとして、最終加工地だけでなく材料の調達先もできるだけ日本国内にして、国産であることにこだわりを示しているところもあります。
より安心感を大事にする人にはこうしたメーカーの商品が魅力的に見えることでしょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

原産国だけでなく材料などにも注目

 

原産国を見ることは安心できる商品を選ぶ助けになりますが、それと同時に原材料をしっかりと確認することも重要です。

 

出所のしっかりとした材料を使っているか、商品の中で使われている材料として何が一番多いか等を見て取ることができるからです。

 

それによって栄養のバランスを推測することができますし、どのくらい品質にこだわりを持っているメーカーかを把握できますので、商品を選ぶ際には原産国の表示とともに、必ず原材料の欄を細かくチェックするようにしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3