犬の餌人気おすすめランキングBEST3!!

犬の餌(ドッグフード)に含まれる炭水化物について

 

愛犬にとって重要な栄養分を知る

病気や怪我をすることなく、愛犬にいつまでも元気に過ごしてもらうために、犬の餌の中身を考えることは飼い主の責任の一つとも言えるでしょう。

 

そのためにも、愛犬が必要とする栄養バランスを知って、適したドッグフードを購入する必要があります。

 

その際、どの犬でも同じ栄養を摂取すれば良いというわけではなく、犬種や年齢などによって理想的な栄養バランスが異なるということを覚えておきましょう。

 

こうした勉強をしてから愛犬にあげるドッグフードを選んであげると、愛犬の体調が改善したり、より元気に過ごせるようになったりすることもありますので、とても重要なポイントです。

 

特に、犬が成長して健康的に生活するために重要な栄養分を知ることで、より効果的に食事を与えられるでしょう。

 

 

 

犬の餌として重要なのはたんぱく質

 

人間と同じように、雑食動物である犬もまんべんなくいろいろな栄養素を必要としています。

 

しかし、中でもたんぱく質の摂取は犬にとって重要で、食事の栄養バランスはたんぱく質がメインとならなければなりません。

 

愛犬の筋肉を作り、健康的な体を維持するためにとても重要な栄養素ですので、犬の餌を選ぶ際には高たんぱく質であること、そして質の良いたんぱく質を含んでいることを条件により良い商品を選ぶようにしましょう。

 

具体的には、ドッグフードのパッケージに記載されている材料欄をチェックして、ラムや鶏肉、馬肉などの肉類が材料の中でも上位に入っているかどうかを見ます。

 

安価であることを売りにしている犬の餌の中には、何の肉を使っているかが分からず、ミートミールなどの表示がなされていることもあります。

 

病気の動物などをすべて粉砕している肉を使っている可能性が大ですので、避けるようにしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

炭水化物の摂取量を増やさないようにする

 

このように、愛犬にとってたんぱく質の摂取は重要なポイントですが、逆に炭水化物の摂取量は少なめにすることが肝心です。

 

犬は人間のようには炭水化物の摂取をそれほどしなくても良いので、ドッグフードを選ぶ際には、栄養表示の部分を見て、炭水化物よりもたんぱく質の含有割合が多いものを選ぶようにしましょう。

 

特に、コストの低い犬の餌は、トウモロコシなどの穀物がたくさん使われています。

 

穀物を使うことでカロリー量を稼げるため、かさ増しには便利だからです。

 

しかし、愛犬の体作りに適している栄養バランスではありませんし、個体によっては穀物アレルギーを起こすこともあります。

 

穀物フリーのものを選んで、より健康的なドッグフードをあげるようにしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

糖尿病などの病気に注意する

 

炭水化物を摂り過ぎると、カロリー過多となってしまって糖尿病などの病気を引き起こすリスクが高くなります。

 

特にシニア犬などが炭水化物を多く摂ると、体に負担がかかることになりますので、できるだけ炭水化物の量は少なく、たんぱく質の量が多いものを与えるようにしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3