犬の餌人気おすすめランキングBEST3!!

犬の餌(ドッグフード)と尿路結石の関連性について

 

尿路結石は再発しやすいので注意する

 

尿路結石は犬がかかりやすい病気の一つです。

 

尿がなかなか出ない、おしっこをする時に痛そうな鳴き声を出しているなどの変化に気づいたら尿路結石の疑いがありますので、動物病院に連れて行ってあげると良いでしょう。

 

人間が尿路結石になると激痛が走りますが、犬の場合も相当な痛みを覚えていると考えた方が良いでしょう。

 

犬は痛くてもそれを伝えることができませんので、飼い主が気づいてあげる必要があります。

 

また、尿路結石は再発しやすい病気ですので、一度この病気で苦しんだことがあるのであれば、再び同じ苦しみを味わわないように、日常生活の中で再発防止をしてあげることが肝心です。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

尿路結石になる原因が犬の餌にあることも

 

尿路結石は、尿を送り出す尿管にミネラル分が固まってしまい、それが尿の動きを止めてしまうことによって起こります。

 

そのため、リンやカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分を過剰に摂取していたり、上手に老廃物を排出できなかったりすると結石ができやすくなってしまいます。

 

また、尿がアルカリ性に傾いた状態が続くと尿路結石になりやすいということが分かっています。

 

尿の量が少ないとミネラル分が固まりやすくなる原因となりますので、水分の補給がしっかりとできていないと愛犬が結石で苦しむことになりかねません。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

ドッグフードで尿路結石を防止する

 

このように、普段の食事が愛犬の尿路結石を招く原因となることが多いため、飼い主としては犬の餌の中身にしっかりと注意を払う必要があります。

 

もちろん、胃の餌の中にカルシウムなどのミネラルが含まれていることは重要ですが、必要以上にミネラルが含まれているものや、年齢に合っていないドッグフードを与えることは病気のリスクを上げることになります。

 

さらに、腎臓などの臓器の働きを弱めるような栄養バランスの良くない犬の餌を与えていると、様々な病気にかかりやすくなりますので、栄養価の高いバランスの取れた犬の餌を選んであげなければなりません。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

尿路結石予防のために気をつけること

 

愛犬の尿路結石予防のためには、高たんぱく質の食事を与えるように気を配る必要があります。

 

また、栄養過多とならないように、年齢と犬種に合った栄養バランスがマッチするドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

そして、尿量がしっかりと保てるように水分補給を楽にできる環境を整えてあげましょう。

 

もし、水を飲むのがあまり好きでないようなら、ウェットタイプのドッグフードを選んで犬の餌から水分を少しでも摂れるようにしておくと良いでしょう。

 

また、適度な運動をさせてあげることや、感染症にならないように陰部をきれいにしてあげることなども大切です。

 

ドッグフードの選び方など、ちょっとした日常のことで、尿路結成を予防することができますので、飼い主としてしっかりと配慮をしてあげましょう。

 

特に一度病気になった愛犬が再発することがないようにしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3