犬の餌人気おすすめランキングBEST3!!

犬の餌(ドッグフード)と人間が食べる食事の違いについて

 

ドッグフードの基準はそれほど厳しくない

 

人間用の食品に比べて、犬の餌のための法律や基準はそれほど厳しくなく、メーカーごとの姿勢が問われるものとなっています。

 

法律を最低限守るだけの基準でドッグフードを作っているところもあれば、人間が食べても問題がないようなとても高い品質の犬の餌を作っているところもあります。

 

また、人間用の食品に比べると、商品の内容に関する表示義務の項目が少ないため、きちんとして情報を手に入れることができないケースもあります。

 

一方で、法律には定められていないものの、原材料の原産地を細かく表示するなどして、安心できる材料を使っていることや、飼い主の安心感を勝ち得ることを意識しているメーカーもあります。

 

こうしたメーカーの姿勢を見て、信頼できるドッグフードかどうかを判断する基準とすることもできるでしょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

愛犬の健康を考えるなら人間が食べられる品質のものを

 

 

 

愛犬の病気、怪我予防のことを考えて健康的なドッグフードを選びたいと思っているのであれば、人間が食べても大丈夫というレベルの商品を見つけるようにしましょう。

 

材料にこだわり、高品質の犬の餌を製造しているところでは、パッケージにそのことを記載して、高いレベルの質を保っているということをアピールすることが多いものです。

 

人間も食べられるということが記載されているかどうかを見て、その安全性を確かめることもできるでしょう。

 

特に、愛犬が摂るべき重要な栄養分であるたんぱく質は、商品によってかなり質が異なります。

 

純粋な肉を使用しているところもあれば、病気の動物や死んだ動物の粉砕したものを使用しているところもあります。

 

しっかりと材料の項目を確認して、安心できる原材料のみを使っているものを選ぶようにしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

添加物の内容についてもチェックする

 

 

プレミアムペットフードと呼ばれる高品質の商品のほとんどは、香料や甘味料などの添加物を一切使用していません。

 

しかし、犬の餌のタイプによっては、保存を考慮して一定量の防腐剤や保存料を使っていることもあります。

 

人間用の食品でも、保存料がある程度使われていることもありますから、少量の使用であればさほど問題ないでしょう。

 

しかし、添加物の種類や量によっては、愛犬に健康被害をもたらすこともありますので、注意が必要です。

 

もちろん、どんなものであれ、添加物が一切使われていないものの方が、健康リスクという面では安心できますので、犬の餌を選ぶ際にはこうしたドッグフードを探すようにしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

必要なカロリー量を見極める

 

いくら高品質のものであったとしても、必要なカロリー量をオーバーしてドッグフードを与え過ぎると、人間と同じように生活習慣病にかかってしまいます。

 

それぞれの犬種や年齢、個体の大きさによって必要なカロリー量が異なりますので、愛犬が必要とする量をしっかりと把握するようにしましょう。

 

そして、食べ過ぎにならないように毎回の食事の量を決めることが肝心です。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3