犬の餌人気おすすめランキングBEST3!!

犬の餌(ドッグフード)と有害物質の関係性について

 

ドッグフードに含まれる添加物を避ける

 

愛犬の健康を考えると、少しでも有害物質の摂取を避けるように飼い主が注意してあげなければなりません。

 

愛犬が有害物質を摂取する可能性のあるものはいくつかありますが、その一つに犬の餌が挙げられます。

 

栄養を摂り体を作るためのドッグフードが、逆に愛犬の健康を害する原因となることもありますので、

 

犬の餌を選ぶ際にじっくりと比較してできるだけ品質が良く安心できるものを見つけるようにしましょう。

 

特に、市販されているドッグフードの多くには、大量の添加物が含まれています。

 

甘味料や着色料、保存料、防腐剤、酸化防止剤などがあり、人間の食品で規制されているものが、犬の餌には含まれているケースが見られます。

 

安価なドッグフードほどこうした添加物の含有量が多い傾向にありますので、できるだけ避けるようにしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

プレミアムペットフードは添加物フリーが基本

 

品質が良い材料を使っているプレミアムペットフードと呼ばれるものは、材料へのこだわりと共に、添加物フリーを特徴としています。

 

材料そのものが良いため、味を足したり品質を安定させたりするための添加物を入れる必要がないのです。

 

特に、甘味料は犬の餌への食いつきを良くするために安価なドッグフードでよく用いられていますが、健康に影響するリスクがありますし、

 

しっかりとした材料を使っていれば本来不要なものですので、愛犬の健康のために控えるようにしましょう。

 

また、見た目の良さのために着色料を添加しているドッグフードも多いですが、愛犬にとっては意味のない添加物ですので、まったく使用する必要がありません。

 

こうしたことから、安心できる材料のみを使っているドッグフードは、添加物を入れることがないのです。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

人間には安全だが愛犬には害になる食品もある

 

人間が食事をしていると、愛犬が欲しがってくるため、ついあげてしまうというのはよく見かける光景でしょう。

 

しかし、注意して食べ物をあげないと、愛犬に大きなダメージを与えてしまうこともありますので、慎重にしましょう。

 

というのも、人間には問題のない食品であっても、犬には害となるものもあるからです。

 

たとえば、玉ねぎなどのネギ類は、愛犬に消化不良を招くこともありますし、赤血球を破壊して血液にダメージをもたらすこともあります。

 

さらに、チョコレートや辛いものなども犬には害となりますので、あげることのないようにしましょう。

 

こうした食べ物は、食材そのままでなくても、そのエキスが含まれている汁だけでも被害をもたらすことがありますので注意しましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

 

散歩中の拾い食いにも注意する

 

いつも安全な犬の餌を家で与えていても、たまに愛犬が吐いたり下痢をしてしまったりすることがあります。

 

いろいろな原因が考えられますが、たまに散歩中に道端に落ちているものを食べて、それに何か悪いものが入っていることがあります。

 

つい目を離したすきに、草むらに落ちているものを食べてしまうこともありますので、愛犬の散歩中は目を離すことがないようにしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3