犬の餌人気おすすめランキングBEST3!!

犬の餌(ドッグフード)が合っているか食べている姿を観察しましょう

 

ドッグフードによってアレルギー症状を起こすこともある

 

新しい犬の餌を試す時には、愛犬に合っているかどうかを飼い主がチェックしてあげる必要があります。

 

というのも、ドッグフードに含まれているものの中には、愛犬にアレルギー症状を引き起こすものもあるからです。

 

アレルゲンとなるものの代表としては乳成分が挙げられます。

 

人間と同じように犬の中にも乳糖不耐症を持つものもいて、下痢などの消化不良や皮膚のかゆみなどを引き起こすことがあります。

 

また、穀物がアレルゲンとなって消化不良などを招くこともありますので注意が必要です。

 

個体によってどんな物質にアレルギー症状を起こすかは分からないので、何らかの症状が出ていないかをしっかりとチェックしてあげましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

味や食べやすさはどうかを見てあげる

 

健康を第一に考えると栄養価やカロリーなどの数値が最も大事ですが、愛犬が喜んで食べてくれないと意味がありません。

 

せっかく栄養価が高いものでも、あまり食べてくれないようだと、しっかりと栄養を摂ることができません。

 

そのため、新しい犬の餌を始めたときは、喜んで食べてくるかどうかを観察するようにしましょう。

 

また、ドッグフードの形や大きさによっては食べづらいこともありますので、問題なく食べているかどうかも見ることが大事です。

 

特に子犬やシニア犬の場合は、大きな塊になっていたり固いタイプのフードだと、食べづらくて食が進まないこともあります。

 

食べやすいタイプの犬の餌を見つけてあげることも大事ですので、愛犬が問題なく食べているかどうかをチェックしましょう。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

体重の増減も定期的に観察する

 

犬種や年齢、個体の大きさなどによって必要とするカロリー摂取量が異なります。

 

しかし、犬の餌を替えたばかりだと上手にカロリーコントロールができなかったり、吸収率が異なったりして前の食事とは異なるカロリー摂取量となってしまうこともあります。

 

そのため、ドッグフードを替えると体重の増減が出ること可能性があります。

 

できるだけ大きな体重の増減がないように犬の餌の量で管理をしてあげる必要がありますので、定期的に体重を測ってあげて適正な体重を保っているかどうかをチェックしましょう。

 

肥満体型になってしまうと、糖尿病などの病気を招くリスクが高まりますので、飼い主がちゃんと観察してあげることが大事です。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3

 

年齢による変化にも注目して愛犬に合ったものを

 

ドッグフードにはいろいろな種類があり、犬種や年齢ごとに異なるタイプが開発されています。

 

そのため、愛犬の年齢や体の変化などに注目して、愛犬に合った犬の餌を選ぶようにしましょう。

 

実際の年齢よりも老化が進んでいない、逆に体力が落ちてしまっている犬もいますので、それぞれの個体の違いに合わせて栄養バランスを考えて上げることが肝心です。

 

年齢と体調に見合ったドッグフードをあげることで、病気と怪我予防を効果的に行うことができるようになります。

 

ドッグフード人気おすすめランキングBEST3